自宅ピーリングという選択肢

年齢の衰えを感じるようになり、特にお肌の老化を実感したので何か良いものはないかと思っていたのですが、美容ドリンクなら手軽に摂取出来るし持ち運びも可能なので良いかと思いました。それに飲み物を買うならたっぷり美容によい物を買った方が良いと思って飲んだのがきっかけです。味も飲みやすそうだったし、値段もそれほど高くなかったので1回くらいなら良いかなと思いました。

 

入っている成分が一番効果がありそうだったし、自分の求めている成分がたくさん入っていたのでアスタリフトを選びました。特にコラーゲンが入っている商品がよいと思っていたし、化粧品などでも実績が有り、知っているブランドだったこともあり、一番信頼出来そうだったので。他の美容ドリンクと比較すると成分も信頼出来る方法で作っているようだし、金額もちょっと高いかとは思いましたが、体に効果がありそうでした。

 

1回では効果が判らないかと思い、思い切って5回くらいは飲みましたが正直言って取り立ててすごく効果があったとは実感できずに終わりました。コラーゲンなどは5回くらいでは効果が出ないのかも知れませんが、金額的にも安くはないので効果が実感できないものを飲み続けていくのは疑問に感じたのでやめました。あくまでも自分の感想なので他の人や他の美容ドリンクなら効果があったかも知れませんけどね。

続きを読む

元々私は自他共に認めるズボラ女子です。特に出費は激しく、残業の多いハードな仕事をしているため仕事の合間にコンビニに寄りお菓子を購入。自動販売機でジュース・コーヒーは日常茶飯事ですし、休みの日にはご報告でアパレル品を衝動買いなどなど、気づけばお財布は空っぽで貯金などとは縁のない生活をしていました。

 

そんな私が節約を決めたのは、交際中の彼と結婚を考え始めた事です。初めて節約方法は家計簿アプリで、レシートをスマホで撮影するだけで出費の詳細がどんどん自動で更新されていくものです。出費というのは目に見えないので履歴として残っていくことで自分が何にどれだけのお金を使っているのか実感する事ができました。

 

今月ちょっと使いすぎだなぁとかコンビニ行き過ぎてるなぁ、スーパーにあまり行ってないからそろそろ自炊メインにしないとなぁなど少しずつ出費に対する意識が出てきました。それまではレシートを貰わなかった私が必ず貰うようになり、買い物をしている際も『これは今必要ないな』と考えながら買い物をするようにもなりました。

 

まだ劇的に貯金が溜まるところまでは行ってませんが、意識が変わったことは自分にとって大きな変化です。節約をするのに大切なことは目標を決めること。私のように大きな目標でなくとも『あの5万円のバックを買う』などの小さな目標でもいいので、モチベーションをあげるためにまず何のために節約するのかを決めることが、まず一番に行うべき事だと思います。

続きを読む

独身時代はそこまでなかったものの、結婚してからお金の使い方についてシビアになってきた気がする今日この頃。現在子育て中であり、専業主婦をしている私は気が付くとどうすればお財布から出ていくお金を減らせるかよく考えています。使わないのが一番ですが、だからといって我慢し続けるとストレスが溜まってしまい、逆に出費が多くなっていることもありました。

 

なので何を購入するのかを考えてメモを持っていくのはもちろん、お財布にお金を少なめに入れたり曜日ごとに指定されたカード会社の割引やポイントUPデーをチェックしたりします。それに思っていた以上に効果があるのが、外出時に買いそうなものを自宅で用意すること。子供との外出では水筒は親子で必ず準備し、おやつを持っていけば大抵は何も買わなくて済むようになりました。荷物はかさばりますが、飲食代は積もり積もると結構かかっているので重要です。

 

もしテーマパークに行く時はネットやチラシでの割引を確認したり、年間パスポートを有効活用すると何度も楽しめます。それにポイントカードがある所は10回行くと次の利用料が無料になったり、プレゼントがもらえるなどの特典があったりするので子供のお気に入りの場所はむしろ積極的に連れていくようにしています。ガソリン代も高いので公共交通機関の1日乗り放題パスもチェックすればバッチリです。子育てがひと段落したらまた働きに出るつもりですが、それまでは適度にこまめに節約を心がけようと思います。

続きを読む

節約を本当にしっかり意識したのは結婚してからです。それまでは給与の天引きくらいでしたが、でもおかげでマイホームが買えたりして良かったです。

 

主な節約方法としては

 

・家計簿をつける。
・毎月先に貯金する。
・無駄な買い物をしないようにする。

 

これがメインのポイントです。

 

まず家計簿は、つけることにより毎日自分達がなににお金を使っているのか、どのくらい使っているのかということを知るためにつけます。すると今月は使いすぎだから買わないうにしようとか、まだ今月は大丈夫とか、お金の使い方が意識的になり、結果として無駄な買い物が減ってお金がたまるという仕組みです。

 

羽仁もとこ家計簿というのを使っていますが、かなり細かく項目が分かれているので使い道が曖昧になることがありません。ごまかせないからこそ反省して改善していける家計簿です。

 

家計簿をつけて無駄な買い物が減ると、今度は無駄に使わないことも大切になります。例えば安いからとたくさん買ったジャガイモが結局は食べないまま腐って捨てる事になったりとか賞味期限が切れてしまったとか、それはお金を捨てるのと同じです。

 

やってみると以外に難しいのですが、それでも絶対に賞味期限の前に、腐る前に使いきるということが大切だと思います。

 

また、給与の先取り貯金はよく雑誌にも書いてありますが、先に貯金すると残りは使っても大丈夫という安心感にもつながりますし、余ったからと言ってても結局あまらないということも多いので、必ず給与振り込みのときは真っ先に貯金します。

 

さまざまな節約方法がありますが、自分にあったやり方で上手に貯めていきたいものですね。

続きを読む